【仕事効率化】低価格で作業効率を向上させることができるMac用おすすめアプリ

apps_for_mac

仕事効率を高めるMac用のアプリを紹介します。

Macには多くの便利な機能が備わっており、操作方法に慣れてしまえばデフォルトでも十分使いやすく、効率良く作業出来ます。

デフォルトでも十分使いやすいMacですが、追加でアプリをインストールして自分用にカスタマイズすれば、操作性は格段に向上し作業効率が向上します。

作業効率を上げる為に有用なMacOS用アプリは、無料なモノから高価なモノまで数多く存在しますが、ここでは、なるべく低価格で利用できるアプリを紹介します。

スポンサーリンク

Google日本語入力(無料)

高い文字変換効率と豊富な辞書を有する日本語入力プログラム。

Google 日本語入力
思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。


MacOs標準の「日本語IM」のライブ変換に馴染めない人にオススメ。

スポンサーリンク

Avira Scurity(無料)

ウイルス対策ソフト。

‎Avira Security
‎Avira Security は、シングル クリックで Mac のオンデマンド セキュリティを提供。楽な操作で、データとシステムを安全に守ります。パブリック Wi-Fi に接続した場合、あるいは任意のソースからファイルをダウンロードした場合、当社のオールインワン ソフトウェアが脅威からユーザーを守ります。ファイルとウ...

ウイルスキャンは勿論のこと、ファイルやサイトが安全かのチェック、インターネット接続の暗号化、未使用のキャッシュファイルを削除し、ストレージ最適化も行ってくれます。

スポンサーリンク

Magnet(250円)

ウインドウをキレイに整列してくれるアプリ。

‎Magnet マグネット
‎1つのアプリから別のアプリへ移動し、横に並べたりマルチタスクでデータを比べたりするとき、全てのウインドウの位置を調節する必要があります。Magnetはこの処理を極めてシンプルに行います。 端にドラッグして画面半分にウインドウサイズを変更。ウインドウを角へ向かってドラッグすると、4分割になります。画面下へスライドする...

Magnetを使えばウインドウをドラックするだけで画面の2分割、3分割、4分割サイズ、あるいはフルサイズにリサイズしてタイル状に配置することが出来ます。もちろんショートカットも用意されています。

Macに標準搭載のスプリットビュー(Split View)では左右にウインドウを2分割し配置することが出来ます。しかし、ウインドウを3分割あるいは4分割したり、ウインドウを上下に並べることはできません。使用方法は、ウインドウの左上端にある緑のボタンを長押して現れるポップアップメニューから選択するので、使い勝手は良いとは言えません。

Magnetは有料ですが、スプリットビューよりも使い勝手が良く、ウインドウ分割オプションも豊富な為、複数ウインドウでの作業効率が格段に向上します。

スポンサーリンク

CheatSheet(無料)

アクティブなアプリのショートカット一覧を表示してくれるアプリ。

CheatSheet - Know your short cuts
Just hold the ⌘-Key a bit longer to get a list of all active short cuts of the current application

CheatSeetをインストールすれば、commandを3秒程長押しするだけでショートカットを表示してくれる。CheatSheetを使えばショートカットをネットで検索する手間が省けます。ショートカットを使いこなしたい人におすすめです。

スポンサーリンク

Karabiner-Elements(無料)

キーボードカスタマイズアプリ。

Karabiner-Elements
A powerful and stable keyboard customizer for macOS.

Karabiner-Elementsを使用することで、キーの入れ替えを行い、Macのデフォルトのキーを別のキーに割り当てることができるようになります。キーカスタマイズによって自分に最適な入力環境を構築出来ます。

例えば、MacのcontrolはEmacs使用者には不便な位置にあり、caps lockと入れ替えたいところ。そのような時にKarabiner-Elementsを使えばcaps lockcontrolを入れ替えることができます。単純なキーの入れかえだけでなく、複合キーのカスタマイズも可能です。また、キーボードごとに設定を変えることも出来ます。

Macのキー配列に馴染めない人、普段愛用しているWindowsキーボードやUS配列キーボードをMacでも使用したい人にはKarabiner-Elementsはおすすめです。

スポンサーリンク

HyperSwitch(無料)

ウインドウ単位で切り替え可能なアプリスイッチャー。

HyperSwitch
Yet another window switcher for your Mac.

ウインドウ単位でアプリの切り替え管理を行うことが出来ます。仮想デスクトップを使用時に、使用中のウインドウで起動しているアプリのみ表示し切り替える事が出来ます。option + tabでアプリ切り替えが出来ます。

macOSのスイッチャーはアプリ単位で切り替えを行うので、仮想デスクトップ使用時は、別のウインドウのアプリも表示され、アプリ切り替えが面倒です。

HyperSwitchを使用すれば、使用中のウインドウで起動しているアプリ間のみで切り替えができるので、作業に集中でき効率が上がります。

スポンサーリンク

Manico(無料)

使用中のアプリを素早く切り替えるためのランチャアプリ。

‎Manico
‎Manico is your only App Launcher & Switcher for macOS. Using Option + Number key to launch or switch to the target app in an extremely fast speed! If you are...

Manicoを起動すると、option長押しでアプリ切り替えバーが現れ、起動中アプリのアイコン右上に”数字”または”アルファベット”が表示されます。そして、optionと表示されている数字またはアルファベットのキーを押すことででアプリを切り替えることが出来ます。

デフォルトのアプリケーションスイッチャーではアプリを切り替える為に何度もcommand + tabを押す必要がありますが、Manicoを使えば一発で使用したいアプリに切り替えることが出来ます。

Manicoでは表示モードが複数あり、Dock内のアプリを表示したり、指定したアプリだけ表示させるなどのオプションもあります。各アプリに好みのホットキーを割り当てることも出来たりします。

複数アプリを同時に起動しつつ、素早くアプリを切り替えたい人におすすめです。

スポンサーリンク

ScrollReverser(無料)

トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆にしてくれるアプリ。

Scroll Reverser for macOS

ScrollReverserを使用すれば、トラックパッドとマウスで異なるスクロール方向を選択することが出来ます。

Macのデフォルトでは、トラックパッドとマウスのスクロール方向を別々に設定出来ません。デフォルトではスクロール方向はナチュラルに設定されています。トラックパッド使用時にはこれで良いのですが、マウスを使う時は少々使いにくいです。

マウスを使う時にスクロール方向の設定変更を行えば良いですが、毎回マウス使用後に設定を戻すのも面倒です。

ScrollReverserはこの問題を解決してくれます。MacでもWindowsみたいにマウスを使用して作業したい人はインストールしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

Clipy(無料)

クリップボードの履歴を保存しコピペを効率化してくれるアプリ。

Clipy
Clipboard extension app for macOS

Clipyを使用すればm過去にコピペした内容を記憶されるので、その履歴を再利用することが出来ます。過去のコピー内容を再利用できるので、メールや文章作成の効率が上がります。テキストだけでなく、画像にも対応しています。

標準のクリップボードはコピーした内容が上書きされる為、頻繁に引用したい文章や画像が複数ある時は、その都度コピーをしなくてはいけません。Clipyを使えばこの手間が省けます。

単純な文章効率化だけでなく、アイディアを保存する為のツールとしても使る為、便利なアプリです。

スポンサーリンク

SiteSucker(610円)

ウェブサイトを丸ごとダウンロードしてくれるアプリ。

‎SiteSucker
‎SiteSucker is a Macintosh application that automatically downloads Web sites from the Internet. It does this by asynchronously copying the site's webpages, ima...

SiteSuckerにURLを入力するだけで指定ウェブサイトをダウンロード出来ます。ウェブサイトで使用されているCSSファイルや画像ファイルもダウンロードされるので、オフライン環境でもオンライン時と同様のデザインで閲覧可能です。勿論サイト内リンクも辿れます。

昔見つけたウェブサイトにアクセスしたくても案外辿り着けない事があると思います。アクセス方法を忘れたり、サイト自体が消滅してた、なんてことは起こりうることです。Pocket等を用いればページ単位での保存は可能ですが、サイト全体を保存するのは大変です。

気になったウェブサイトをSiteSuckerで丸ごとダウンロードしておけば検索の手間が省け、サイト消滅の危機に怯えなくて良くなります。貴重な資料が手元に有るのと無いのでは、作業効率に雲泥の差が出ます。
また、海外フライト等でインターネットを長時間使えなくなる場合にもSiteSuckerは役立つでしょう。

スポンサーリンク

AppCleaner(無料)

アプリのアンインストールと関連ファイルの削除を行ってくれるアプリ。

AppCleaner

削除したいアプリをAppCleanerにドラッグ&ドロップするだけで、アプリのアンインストールと関連ファイル削除が完了します。

Macでアプリのアンインストールは、アプリのアイコンをゴミ箱に移動するだけで完了しますが、関連ファイルが残りアプリの初期設定や環境設定情報は残ります。そのため、アプリを再インストールしても以前の設定が残っていることもあり不都合が生じることがあります。

AppCleanerを使用すれば関連ファイルもキレイに削除されるので、簡単にアプリを完全アンインストールすることができます。

スポンサーリンク

CloudMounter(無料)

Dropbox、Amazon S3、Google Drive、OneDrive等のクラウドストレージをMacにマウントしてくれるアプリ

‎CloudMounter: cloud encryption
‎CloudMounter は、クラウドストレージをローカルディスクとしてマウントし、ローカルファイルを同じ方法でオンラインファイルを処理することができる集中サービスです。すべてのデータを同じ方法で安全に保護します。 無料であなたが主に使用している Dropbox、Google ドライブ、OneDrive アカウント...

CloudMounterを起動すると利用可能なクラウドサービスが表示されます。使用したいサービスを選択しユーザ名とパスワードを入力するだけで、クラウドストレージがMacにマウントされます。マウントされたクラウドストレージはFinderから操作可能で、あたかも自分のMacのHDDのように扱うことが出来ます。

クラウドストレージは、複数デバイスでデータ共有ができて便利な一方、アクセスはWebブラウザ経由か、個別アプリをインストールする必要があり手間が掛かります。複数サービスを併用したい時は特に不便です。

しかし、CloudMounterを使用すれば複数のクラウドストレージを同時にマウントすることができ、且つ、サービスの違いを意識せずシームレスにファイルを移動することが可能になります。

無料版ではサービス毎に1アカウントまでしかマウント出来ませんが、それでも非常に便利なアプリです。

タイトルとURLをコピーしました